摂津金属工業株式会社
19インチラック・ケース・トランク・サブラックなど、「ハコ」づくり一筋の専門メーカー
お問い合わせお問い合わせ

経営理念


経営理念

当社の事業は、精密かつ高付加価値な電子機器等を収納するための「ハコ」をお客様に提供することです。 当社はこのような「ハコ」づくりを地道に続けることにより、収納物である電子機器の機能を十分に発揮させるとともに、その価値を世代を超えて未来へと繋げます。

ごあいさつ

当社は、1950年の創業以来、主として電子機器収納用のラックやケース、トランクなどの「ハコ」づくり一筋の専門メーカーとして活動して参りました。 電子部品メーカーとして発祥し、映像放送や生産設備そして情報通信へと、時代の変遷とともに移りゆく日本の産業構造に合わせ、一貫してお客様に最適な「ハコ」を提供することを続けて参りました。

当社のつくる「ハコ」は、それ単独では価値を生み出すことはありません。しかし、当社の「ハコ」は、サーバーなどの精密かつ高付加価値な収納物を保護し、その機能や利便性を十分発揮させることによって、間接的ではありますが、 一体としての価値を生み出す事に役立っているといえます。表に出ることはないけれど、主役を強力に支える、そんな安心で頼もしい「ハコ」が私たちの誇りであるとともに、60年以上に渡りお客様にごひいきいただけた訳でもあると思っております。

私たちは、今から30余年が経ち、創業100年を迎えた時点でも、やはり安心で頼もしい「ハコ」づくりに生きていたいと思っております。 その頃にはまた新しい産業が生まれ、必要とされる「ハコ」が変わっていっているかもしれませんが、その近未来の社会へ、引き続き「SETTSU」を信頼のブランドとして伝えて参りたいと思います。

世代を超えてさらなる未来へ「SETTSU」を繋げていく。そのために、今、品質向上と人材育成に力を入れる、それが私の夢と課題です。

2014年6月27日
摂津金属工業株式会社
代表取締役社長 伊藤 高之